情報セキュリティ基本方針について

当社は、事業活動を展開して行くに当たって、当社が保有または運用管理する情報資産を紛失、盗難、不正使用などから保護することを目的とし、 下記各項に基づいて情報セキュリティに関する取組に努めます。

1. 法令の遵守
当社は、情報セキュリティに適用される法令、その他の規範を常に遵守します。

2. 情報セキュリティ管理体制の構築
当社は、情報セキュリティ管理責任者をおき、状況を的確に把握し、迅速対応ができる体制を整備します。

3. 情報資産の保護口
当社は保有する情報資産の重要性を認識するとともに多面的なリスク評価と、それに対する施策を講じることにより情報資産の保護を図ります。 また情報セキュリティ管理体制のもとで情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えい等のリスクの未然防止に努めます。

4. 情報セキュリティ教育の実施
当社は、役員をはじめ全従業員に対して、情報セキュリティの周知徹底および維持・改善・向上をめざして積極的に教育活動を行います。

5. 定期的な監査
当社は、情報セキュリティの運用状況について定期的に監査を行い、必要により適切な是正措置を講じることで情報セキュリティの確保に努めます。
2006年4月5日制定
レイシスソフトウエアーサービス株式会社
代表取締役 小野 逸二